よく染まる
白髪染めランキング

ヘアカラーの欠点

ヘアカラーは、酸化染料と過酸化水素水を混ぜ合わせた染料で髪の内部にまで浸透し、色を吸着させるものです。
ヘアカラーは、毛髪の表面のキューティクルを開き、その開いた所へ色素が入り込み、毛髪の内側から色をしみこませて染め上げる為、色落ちもしにくく、発色もとても綺麗です。
白髪染めの場合ですと、色も落ちませんので、生え際が白髪で目立ってくるまで、その効果は持続します。
白髪が生えればまたヘアカラーをする事により、白髪をしっかり染め上げますので、手軽で、手っ取り早いものであると言えます。
しかし、ヘアカラーの欠点としては、毛髪を脱色させてカラーを入れますので、髪の毛や頭皮に負担をかけてしまう、すなわちダメージを与えてしまうという所が欠点となります。
その為、頭皮が乾燥したり、さらなる白髪の原因にもなります。

また、脱色剤という強力な薬品を使用している為、抜け毛も起こりやすくなります。
ヘアカラーの成分でもある、酸化染料のパラフェニレンジアミンはアレルギー体質の方が使用することにより、アレルギー反応が起こる場合もあり、過呼吸や、頭皮の炎症、強い咳や目の痛みなどを生じる事もあるため、 48時間のパッチテストは必ず行わなければいけません。パッチテストで異常があった場合は残念ですが、ヘアカラーを使用することは出来ません。


Copyright(C) よく染まる白髪染めランキング